注目キーワード

事業開発/事業再生に必要な画期的な事業アイデアを思いつくためには?

本記事の前編は、「スジのいい事業アイデアって何!?」です。

イントロダクション

先日、某金融機関の次長レベルの方々のデザインスプリント2.0をファシリテートしてきました。

(デザインスプリントとは、Googleの the venture firm/ベンチャー企業※である

Google Ventures/グーグルベンチャーズのジェイク・ナップ氏が、

主に新規事業開発向けに開発した、ミーティングを効率的に進める手法です。)

※ a venture firm とは、投資側を指します。

その中でやはり参加者の皆様が苦吟なさっていたのが、

「そもそも新規事業のアイデアが思いつかない💦」

でした。

私は新規事業開発を生業としてきましたので、ここに書いた通り、

3分に一個くらいのスピードで事業アイデアを思いつくことができます。

そのくらいはできないと、顧客にその時点でのビジネスモデルを拒否されたときにピボットできないので。

むろん一朝一夕にその域までたどり着いたわけはなく、トレーニングとして、

例えば、街を歩いていて、住宅に花の植木鉢がずらりと並んでいるのを見かけたら、

「駅に着くまでの15分間で、花を使った10個のビジネスを案出せよ」

と自分に命じて一所懸命に考えるわけです。

若き日の大前研一氏が、電車に乗ったら車内吊りを見て、

そこに取り上げられている企業の経営を自分だったらどう切り回すか考えたというのと一緒ですね。

このような訓練をしている人間からすると、

「イノベーション、イノベーションと言っているから、イノベーションが出てこないんだ」
「イミテーションで何が悪い!インプルーブメントで何が悪いのか!
結果として、イノベーションにつながっていく変化を、トヨタに起こしていきたい」

出典:片山修「豊田章男」東洋経済新報社.

とかトヨタ社長におっしゃられても、正直、どうだかなーと思います。

豊田社長、Airbnbが世界にビジネスをスケールさせようとしていたとき、

ハゲタカみたいなドイツの起業家に脅されたエピソード、ご存じですか?

Airbnbの創業者は、その事業を完コピしたその「パクリ専門起業家」のオフィスに招待され、

Airbnbの画面を見ながら、全く同じデザイン、UXをもつSaaSを

もくもくと開発しているエンジニアの集団の様子を見せられて、「買収しろ」と脅されたのですよ。

ちょっと話がそれましたが、いずれにせよ、事業アイデアを速射するのは一朝一夕ではできないです。

しかし、素人が、陳腐なアイデアを突飛で、大ヒットを狙えるアイデアに化けさせることは、これは十分に可能です。

それが本記事で取り上げる、日本の誇るイノベーター、濱口秀司氏による

SHIFT/バイアスブレイク

です。

事業アイデア逆転の発想:
USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

ハリウッド・ドリーム・ライド ~バックドロップ~は、天才マーケター森岡 毅氏が発案した、

後ろに落ちていくローラーコースター

です。

ここに動画上がっていますが、いやあ、これは私には無理だわ、男としては情けないことに高所恐怖症なもので……

このローラーコースター、もともとはまともに前向きに走るものでした。

森岡氏はしかし、予算のない中で大ヒットアトラクションを生み出すために頭をひねりにひねって、ある日突然、

「背後に落ちていくローラーコースターは怖いだろう」

と思いつきます。そして技術陣に相談したら、そんなことは前例がないし安全上無理と、にべもない即答。

森岡氏は「ろくに調べもしないでなにをいう!」と怒り狂って侃侃諤諤の議論をし、

ついに技術陣に、このローラーコースターならもともとロバストな設計だから

背後へ落としても問題なし、と突き止めさせます。

このくだりは、下記の森岡氏の自著の白眉です。とても面白いし勉強になる本なので、オススメ。

さて、ここで、森岡氏の発想は、天才的にもかかわらず、実は単純ということに誰でも気づくはずです。

言ってしまえば、単なる逆落としですから。

なぜこの発想が天才的なのかといえば、

ローラーコースターは前向きに落ちていくものだ

というバイアスをブレイクしたからです。それだけで、このアトラクションは異常にヒットした。

同じことを確信犯的にやったすごい芸能人を紹介します。

某クラウドソーシングのスタートアップの経営陣に加わったりして

芸能人という以上にアントレプレナーとして名を成してしまったキングコング西野氏の

クソおみくじ

です。

「大凶以下しか入っていない『クソおみくじ』というものを作って、イベント会場に設置してみた。
おみくじ箱の中には『理由もなくプロボクサーに殴られます』『水を飲んでも太ります』などが書かれた『ゲロ凶』『ブタ凶』など、ハズレしか入っていない。
しかし、こいつが大ヒット。現在、クソおみくじは、イベント会場で引っ張りだこ。
お客さんは『ハズレしかない』と分かっているのに、次から次へとクソおみくじを引き、『なんだよ、ふざけんなよぉ~』と言いながら、自分が引いたクソおみくじをSNSにアップするスットンキョウを繰り返している。
皆、お金を払って不幸を買っているのだ。』
出典:(この本はクラファンの天才西野氏の発想の着眼点が書かれており、非常におすすめです。)

私はこのくだりを読んだとき、「さすが西野さん!」と膝を打ちました。

これも、「幸運をひきあてる」という、おみくじの概念を逆転させただけです。しかし、めちゃくちゃ当たっている。

よく考えれば、たとえば、渡辺直美氏もこの類かもしれません。

昔私は、一時期、もと読モの女性と付き合ったことがあるのですが、

読モ時代は、厳しいダイエットを指定て、激しく頬がこけていたそうです。

それくらいでないと、写真に写ったときまるまるとしたイメージになってしまう。

しかし、渡辺直美氏はこれをひっくり返しました。

「ぽっちゃりだけど美人でチャーミング」

というキャラで売り出し、いまはキレイモのイメージキャラクターを堂々と張っている。つまりは

女性がみな憧れる、美人代表

です。私も、彼女はとてもかわいいと思います。

このように、陳腐なアイデアを軸に沿ってひっくり返すだけで、大ヒットアイデアが生まれてしまう。

これこそ、濱口秀司氏による

SHIFT/バイアスブレイク

です。

事業アイデアの発案手法:SHIFT/バイアスブレイク

濱口秀司氏のSHIFTを簡単に説明するには、氏自身による解説を参考にするのが至当です。

上掲本は少し高いですが、特に大企業にお勤めの方々にイノベーションを起こしていただく際、オススメ本となります。

確かにこの書物を読むと、デザイン思考やデザインスプリントの、事業アイデア選定の際の投票形式が滑稽に思えてきます。

この中で氏は、自ら創出したイノベーションである、USBメモリをバイアスブレイクの例として説明します。

あるイスラエルのコンパクトフラッシュメモリー企業から依頼され、未来のメモリの形を考えた濱口氏の思考の展開です。

「縦軸にユーザーがデータを取り扱う際に「tangible(触れられる)か否か」、横軸に「データサイズが大きいか小さいか」と位置付けた。従来のフロッピーディスクでデータを渡す行為は、少量のデータを手渡しできるので左上に位置付けられるが、当時はデジタルカメラやパワーポイントの普及によりデータが大容量化してフロッピーディスクに入らなくなりつつあったうえ、インターネットや無線通信技術が大きく進化していた。そこで、業界のおおかたは、大容量のデータをメールなどネットワーク経由で渡すようになるだろう、とトレンドを読んでいた」
2000年にもならないこの当時、Dropbox も Box も存在しない世の中で、
しかし、プロはすでにネット経由で渡すことを先読みしていたのは結構すごいと思うのですが、
しかし、濱口氏はこのバイアス、「ネット経由」の思い込みをひっくり返します。
アイキャッチ画像を参照してください。
チームがそろって「サイズ大」「触れられない」のクラウドの象限にことごとくアイデアを集めている中、
「いまいま事業化できるアイデアはそこじゃなかろう」=『フューチャー』すぎる
と、濱口氏はバイアスを破壊します。
すなわち、「サイズ大」だけど「触れられる」象限です。
ここで、「バックドロップ」や「クソおみくじ」のように、
「触れられる」/「触れられない」
の軸でひっくり返してみせたわけです。
この画期的な発想のブレイクスルーが、今でもまだ見かけることのある、あのUSBメモリを生み出したのです。
どうように、濱口氏は、DELL/デルの事例も説明して見せます。
従来のPCは、すでに出来上がった機種を、日本でいうのなら家電量販店で購入するしかありませんでした。
どころがDELLは、これを二軸で転倒してみませす。
すなわち、あたなだけにカスタマイズされたPCを、ネット経由で購入するようにひっくり返してしまったのです。

事業アイデアの発案:試しにSHIFTしてみた!

セブン銀行とアンファミリーレストラン同じように分析してみると、セブン銀行もこの類ですね。セブン銀行は、
従業員がいる/いない
貸付機能がある/なし
で従来の銀行のコンセプトをひっくり返して見せたわけです。
同じように、軸でひっくり返す遊びをやってみました。
先日ジョナサンに行ったときに、系列店の制服をスライドショー的にテーブル上の端末で流していたのを見て、
「すかいらーくグループにはずいぶん無駄が多いのだな」
とつくづく思いました。
ロボットの導入をしたりして株価が上がっているという話を少し前にニュースで読みましたが、私が
すきになれないタイプの多角化です。
鳥貴族のように、ずっと昔からトリキ一本のほうがわかりやすいし、よい業績は出やすいはずです。
で、私がすかいらーくグループの戦略担当だとして、どのような
多角化
をするだろうかと、SHIFTを使ってちらっと考えました。私なら、ファミレスを
家族一緒に食べる/食べない
値段がリーズナブル/高い
の二軸で分解して、
【アンファミリーレストラン】
ニューファミリーが多い場所では、パパママと子供たちがばらばらに食べることで
育児中の親に休息を与えるが、保育スペース・保育サービスつきなので値段は張る、洋食中心店舗
と、
【シニアファミレス】
地方では、高齢者の方々向きの健康メニュー、ドリンクバーなし、
現金払いのみの代わりに、リーズナブルな、年金生活者むけ和食中心店舗
という展開にすると思います。
このほうが、いろいろなジャンルの料理を別ブランドの店舗で並行でサーブするより
はるかに顧客のジョブズ/jobs to be done に即しているはずです。

終わりに

今回は、事業アイデアの発想法のうち有効なものの一つである、

SHIFT/バイアスブレイク

を取り上げました。

事業アイデアで画期的なアイデアを生み出せずじりじりしているあなたは、

是非一度試してみて下さい。