注目キーワード

Y-combinator/Yコンビネーターとは何者か?

世界最強のシードファンド、Y-combinatorバッチのスキーム

Y-combinator/Yコンビネーターとは、海外では知らない人がいない、世界最強のシードファンドです。

このブログの管理人が創出→構築を目指している事業は、この、Yコンビネーターの日本版です。

1. Yコンビネーター誕生秘話

Y-combinator/Yコンビネーターを創業したのは、イギリス生まれの実業家、PG/ポール・グレアム氏とその仲間数名です。

(PGというのは、Yコンビネーター内での彼の通称です。)

ポール・グレアム氏といえば、

ハッカー(ポール・グレアム氏はよく nerd(s)/オタクと表現する)

の世界では、その当時から知る人ぞ知る存在でした。

氏はLISPの鬼のようなコーダーであり、

Yコンビネーターを退いて引退した後も、

LISPのダイアレクトを自分で書いてしまうような、

ちょっと まつもとゆきひろ 氏を連想させる人です。

ちなみに “Y-combinator” というのもLISPの関数名だそうです。

学歴も変わっており、ハーバードでコンピュータサイエンスの博士まで取った後、

フィレンツェで絵画の描き方を学んでいます。

イタリアから帰国後、ボストンで起業し、絵画好きが高じて

ウェブ上のアートギャラリー

なるサービスを提供したのですが、

(造るのは面白かったが)誰も全く使わなかった

ようです。

(後知恵でいうなら、これは、Product/Market Fitの条件の一つ

Adoption/適用性

が欠けていただけかもしれません。メタ盛んなりし昨今、

Sotheby/サザビーは、Decentralandにバーチャルなアート・ギャラリーを出店しているからです。)

ここから、Yコンビネーターの金科玉条の一つが生まれます。

Make Something People Want.「顧客が欲しがるものを造れ」

次に起ち上げた会社は、PGいわく、

世界最初の ASP/ Application Service Provider である、Viaweb社。

この事業企画は、Windowsが大嫌いだったPGが、

使用マシンがマックだろうがMSだろうが、関係なく使えて

さくっとウエブショップを構築できるサービスを

と起ち上げたものでした。

これは大いにあたって、米国Yahoo!/ヤフーに買収され、Yahoo! Store となります。

PGは、スタートアップの創業者気質が災いしてか、

Yahoo!が肌に合わなかったようで、あっさり退職します。

そして、自分がスタートアップの創業者として苦悩した、以下の3点で、

start a startup/スタートアップをスタート

しようとしている、若い創業者たちを支援できるような組織を起ち上げられないか?

と思って、仲間から少量ずつの資本を募り、Yコンビネーターを起ち上げます。

  1. 当座の運転資金、生活費がない
  2. 投資家に伝手がないから、資金調達に苦労する
  3. 周囲にスタートアップ仲間がいないから、
    どうをやればいいか?見当もつかない

かなり高額のエグジットをしたにもかかわらず、なぜかそんなにお金持ちにはなっていなかったようで、

このとき、パートナーが各々持ち寄った額というのが、だいたい1000万ずつくらいだそうです。

これを小分けにして、150万ー200万ずつ、

集まってきたプレシード/シードにばらまいて①の条件をみたし、

エッセイストとしてのPGの顔で②のための投資家を集め、小規模実験をしてみたら、

そこそこうまくいったので、

現在まで続くYコンビネーターが誕生した、というわけです。

2. Yコンビネーターの実績/トラックレコード

Yコンビネーターの実績というのは、見ていて、もうほとんどばかばかしくなるほどの代物です。

成功した(=Product/Market Fitを達成した)スタートアップは、そうそうたるメンツ。

リストはここにあります。

この記事を書いている 2021年11月時点で、$400B越えの時価総額を創出しています。

この総額は、2021年3月にバイデン大統領が打ち出した経済刺激パッケージの額と同等です。

事業内容バッチExit/IPO時の
時価総額
エグジットの方式備考
Dropboxオンラインストレージ2007$11B2018年上場創業時は、機能開発に着手する前に、Explainer video をユーザに視聴させ、反応を確かめた
Twitchライブストリーミング配信プラットフォーム2007$970MAmazon.comが買収Co-founderの一人、Michael Siebel は、Airbnb 創業者らにもにも重要な助言を与え、現在のYコンビネーターのCEO
HerokuPaaSの草分け2008$200MSalesforceが買収
Airbnb民泊プラットフォーム2009$98.5B2020年上場PGは「本当に顧客などいるのか?」と最初思った
Stripeオンライン決済のSaaS2009(未上場)Yコンビネーター卒のユニコーンでは、2021年時点で時価総額最大
Coinbase仮想通貨取引所2012$65.3B2021年上場創業時は仮想通貨の市場は非常に未熟で、顧客の教育に苦労した
Doordash米国フードデリバリー最大手2013$59B2020年上場学生によって創業され、創業時は、すべて創業者がシステムを代行する「コンシェルジュ型MVP」を採用した
Cruise自動運転2014north of $500MGMが買収バッチの最中に、高速道路の自動運転のシステムをあっという間にに書き上げた。現在も、自動運転タクシーなど、野心的なテクノロジーを作り続ける

このYコンビネーターの実績というのはずば抜けているので、

本来は競合であるはずのSequoia Capital/セコイア・キャピタルがYコンビネーター自体に出資し、

資金の運用を任せています。

3. Yコンビネーターの強み

Yコンビネーターの強みは、以下の3点に集約されます。

3-1. パートナーは全員、(シリアル)アーントラプレナー

Owlerによると、Yコンビネーターには現在30人ほどパートナーがいるようですが、私が調べた限りでは、

その全員が、だいたいYコンビネーター卒の、(シリアル)アーントラプレナーです。

前のCEOサム・アルトマン氏は、

Yコンビネーターが輩出した Loopt というスタートアップのCEOでしたが、トラクションが得られず失敗。

パートタイムのパートナーとしてYコンビネーターに入り、のちにPGにCEOを任され、

「中興の祖」として成果を出します。

現CEOマイケル・サイベル氏は2回のバッチに参加、

Twitch (JustinTV) と SocialCam の二社をProduct/Market Fitまでもっていった猛者で、

Airbnbを最初の苦しい時期からメンタリングし、

資金難の同社をYコンビネーターに紹介した人物としても有名。

サイベル氏は、Airbnbの創業者たちの「絶対にめげない七転び八起きぶり」を評価したと語っています。

Craiglist をうまく活用した、同社の有名なグロースハックの発案者ともいわれます。

ピーター・ティール氏も、トランプ大統領を支持して摩擦をおこすまでは、

Yコンビネーターのパートナーでした。

創業者ポール・グレアム氏はメンタリングという言葉を嫌っていますが、

(実際にPGがCEOだった時代はかなりの放任主義だったようで、

「Yコンビネーターからバッチ参加中に言われた唯一のアドバイスは

『もう製品(MVP)をランチしたか?』

だけで、『まだです』というと、不機嫌に電話を切られた(笑)」

マイケル・サイベル氏談)

フィンテックの雄 Brex/ブレックス社のバッチ参加中の見事なピボットの示唆など、

実際に起業の修羅場を踏んだ経験者

でないとできない、的確なアドバイスを行っています。

3-2. 数々のスタートアップの挫折をつぶさに観察してきて、膨大な知見を蓄積している

マイケル・サイベル氏は、

「Yコンビネーターは学校と言われることが多いが、むしろツールボックスだ」

と自社を定義しています。

Yコンビネーターといえば、私自身も何十と講義をYouTube上で拝見している

スタートアップスクール
https://www.youtube.com/c/ycombinator

であまりに有名ですし、

(めちゃくちゃ勉強になるので、ぜひチャネル登録して、見てください、

PGとザッカーバーグ氏の対談もあったりします)

ハーバード出のポール・グレアム氏が同社を起ち上げた意図の一つが

「スタートアップは直観に反し(counter-intuitive)、

MBAでは how to start a startup を全然教えてくれないから、創業者が挫折するのだ」

というインサイトからきていることからも、

世間のイメージが全く的外れとは思いません。

しかし、同社が有形・無形でため込んでいる

スタートアップの陥りやすい罠

に関する情報が、スタートアップからあがってくる質問、悩みのほとんどを FAQ にしてしまい、

真夜中に荒波の中を航走する船ようなスタートアップに羅針盤を与えている

といったほうが、いわばブラックボックスとしてのYコンビネーターの働きをよく定義していると思います。

ちなみに、公開されている有形資産の一つが、私が毎日コツコツ読んでいる同社のブログです。

3-3. スタートアップ同士のコミュニティや、スケールに必要な人脈が得られる

Yコンビネーターバッチの最後のデモデイには、千単位の投資家が参加します。

のみならず、Yコンビネーターでは直接間接に豊富なコネが得られ、

同じ事業企画をはなひらかせようとして失敗したスタートアップの創業者や、

参加者が攻めようとしているインダストリーの業界通につながりやすくなることは間違いないです。

「ボストンではコネが全然得られない」

という、PGが抱えていた悩みに対応しているのが、Yコンビネーターですから。

最近では Hacker news はあまり使われていないようにみうけられますが、

DropboxのMVP(エクスプレイナービデオ)がYコンビネーターの Hacker news に載って、

その反応をみて需要があると判断し、

創業者ドリュー・ヒューストン氏が Dropbox の本格的な構築を始めた

というエピソードは(管理人の中では?)非常に有名です。

そしてバッチに参加しているスタートアップ200社あまりの仲間同士での切磋琢磨も、

疑いなく卒業生たちの成功に寄与しています。

Yコンビネーターのバッチのメカニズム

いよいよ本ページの扉絵(アイキャッチ画像)にある

Yコンビネーターのバッチ

のメカニズムの説明です。

このバッチのシステムは、

スタートアップの99%以上がどうせ失敗する

という、過酷なまでにリアリスティックな考え方に基づいています。

実際に、どの程度のスタートアップが成功するのか?

年に2回あるこのバッチには毎回6000社以上(2021年のそれには1万社)が

世界40か国以上からアプライしてきます。

このうち、合格してバッチに参加できるのが、100社―200社。

その中でエグジットして、Yコンビネーターにリターンを与えるのが、たったの1社か、せいぜい2社。

これはつまり、Yコンビネーターにアプライしてくる熱心なスタートアップの生存率すら、

1/10,000 = 0.01%

ということを示します。

ちなみに、沖縄海戦で特攻した戦艦大和の乗員の生存率は8%なので、

それより厳しいということ。

したがって、Yコンビネーターは、

スタートアップへの投資がうまくいくかどうかは、しょせん、確率の問題なのだ

とわりきっている、ということです。

ほとんどうまくいかないのだから、

少数の「見込みのある」(でも、実際は成功するかどうかわかりっこない)スタートアップに

億単位の資金をつけるより、

多数の、創業者にレジリエンスのある(しぶといという意味)プレシード/シードに、

100万円から200万円の小額投資をつけて(100社×200万円でも、もとでは2億ですみますね)

そのうち1社が大成功したら御の字だろう

という考え方をします。

合格した一握りのスタートアップたちには、3か月間で、上述の通り、

カネ・コネ・チエ

の三つを与え、

3か月目のバッチで多くの投資家の前でピッチさせます。

そして7%のエクイティをもらって、スタートアップを世に送り出すわけです。

おわりに(参考文献)

以上が、本ブログの管理人が是非とも日本になくてはならないと思い、

構築を狙っているYコンビネーターの、本家本元の解説です。

これだけYコンビネーターの機構/組織を穿った日本語の記事というのは

珍しいと自負しています。

Yコンビネーターに関してはまだまだ語りたいことの1割も語っていません。

たとえば、シリーズA以降に関して、Yコンビネーターがどう考えているか、など。

おいおい記事をアップしていきます。

〈参考文献リスト〉

1. Yコンビネーター
ちょっと古いが包括的な参考文献。

珍しく諸事情あって邦訳から読みましたので、

翻訳のよみやすさは確認しておりますし、原著にはない「訳者あとがき」が参考になります。

ただし、原著と比べたら、訳者が startup(s) という言葉を、すべてご丁寧に

「ベンチャー企業」

に翻訳しているため、これが和製英語でないと勘違いなさる方も出るかと思います。

(英語で a venture firm といったとき、それは間違いなく

スタートアップに投資する側の会社

を指します。

気をつけてください。)

2. Hackers & Painters: Big Ideas from the Computer Age

PG/ポール・グレアム氏の辛口のエッセイ満載の楽しい本。

特に、

「君はお金についてどう考えるのか?」

という章が、創業者や社長にとっては参考になるかと思います。

邦訳。当然(?)未読です。