注目キーワード

本ブログの特徴

本ブログの3つの特徴

本ブログは、来年管理人が起ち上げる

インキュベーター型シードファンドのサービスの

Minimum Viable Product として書かれています。

3つの特徴があります。

特徴1. シリコンバレーはじめ海外から事業開発の最新情報を「直輸入」

スタートアップの「唯一の」集積地サンフランシスコ ベイエリア

この YouTube

(How to Attract Venture Capital and Build a Thriving Innovation Economy through Commercialization by Startup Genome)

の 4:34 をご覧ください。

全世界の、期待されているスタートアップは、極端な言い方をすると

サンフランシスコベイエリアのみに局地的に集積している

といっていい状態です。

(注:「アメリカに集中している」ではないです、

たとえば、ラストベルトと呼ばれている

オート産業の集積地であった地域の生み出す付加価値の合計額は、

往時の見る影もなく著しく衰微しています。

ベイエリアとボストンのみ、別の国だと思うのが正解です。)

東京など、このスライドには影も形も現れていません。

グラフの、はるか右方に追いやられています。

したがって、

「スタートアップの科学」

なるものが世に存在するとするのなら、

その最先端の情報は間違いなく、ベイエリアにあります。

世界で唯一のスタートアップの科学の権威 Y-combinator/Yコンビネーター

特に、世界最強のシードファンドである

Y-combinator/Yコンビネーター

が世に出している情報が、最も信頼がおけます。

なぜなら、以下の3条件をみたしているからです。

  1. ベイエリアに存在する
  2. Airbnb、DOORDASH、Dropbox、Coinbase、Crouiseなど、
    多数のユニコーン・デカコーンを輩出してきて
    その時価総額総計は $400B
  3. 毎バッチに40か国以上からスタートアップ群が参加する

日本ごときに、

「スタートアップ/新規事業開発の権威」

なる機関なり人物なりが、この私を含めて、

絶対に存在するはずがないのです。

スタートアップの権威=Y-combinatorのみ

こう言い切っていいほど、情報は極端に集中しています。

スタートアップ/新規事業開発の情報を仕入れるなら英語媒体

したがって、

スタートアップ/新規事業開発の情報を仕入れるなら英語媒体に限る

ということになります。

というわけで筆者は、以下の3つのノルマを毎日、毎日こなしています。

  1. 100記事以上の英語媒体の記事を読む
    Y-combinatorブログ、スティーブ・ブランク氏のブログ、ポール・グレアム氏のブログ、Financial Times、TechCrunch本国版、Medium、The Information、……などなど。
  2. Y-combinatorブログにアップされた YouTube を2本以上、分析的に見る
  3. iPadPro kindle にして100ページ分、英語文献(たまに仏語文献)を読む
    ※翻訳書には、ドイツ語やロシア語の文献を別として、全く手を付けません、翻訳が出ている場合でも、必ず原著です。
    翻訳書がもたらす甚大な悪影響については、別途解説します。

また、ベイエリアに住んでいる友人とコミュニケーションをとっています。

日本はスタートアップの科学のガラパゴス、というか、パラディ島だ

英語でガンガン生の情報を仕入れ続けていると、

日本のスタートアップ/新規事業開発関連の、自称専門家たちが発する情報に対して

甚だしい違和感を覚えるようになります。

たとえば、スタートアップのことを

べんちゃあ企業

とか呼んでしまうインキュベーターやらVCやらは、もう、「田舎者」確定です。

なぜなら、英語でベンチャー企業 a venture firm といった場合、それは間違いなく、

投資側を指す

からです。

It was at about this time I met Steve and his management team.
His venture firm asked me to come by and help Steve with his “positioning.”
(Blank, Steve. The Four Steps to the Epiphany. K&S Ranch.)

上記の文の Steve は、スティーブ・ブランク氏その人ではなく、

スタートアップのファウンダー(創業者)、Steve を指します。

そして、文脈からして、His venture firm asked —の主語が

Steve の起こした「ベンチャー企業」であるはずがないです。

His venture firm asked me to come by and help Steve with his “positioning.”
彼の会社に出資したVCが私(当時すでに権威だったスティーブ・ブランク氏)に、
Steve のところに寄って、「ポジショニング」についてアドバイスしてほしいと依頼してきたのだ。

おわかりいただけたでしょうか?

ある人が日課としてスタートアップに関する最新の情報を仕入れ続けているのなら、

べんちゃあ企業

という表現に、とてつもない違和感を覚えるはずなのです。

したがって、スタートアップのことをベンチャー企業と和製英語で呼ぶ人は、

「実は日本語の二次情報でしかスタートアップの情報を仕入れておりません」

と、語るに落ちる形で告白しているようなものです。

特徴2. 筆者(管理人)は事業開発者出身

自己紹介ページをご覧ください。

特徴3. 投資側経験者/コンサルの話の うのみ は危険

(本セクションは工事中です。)

御社の新規事業開発/事業再生をご支援します

こちらからお問い合わせください。